基本的なパイズリのやり方から応用技までをレクチャー!

 

あなたはパイズリってご存知ですか?
風俗のお仕事をやったことがない女の子には、あまりピンと来ないと思いますが、パイズリとは自分の胸で、男性のペニスを刺激するというものです。
わかりやすく言うと、手コキの胸バージョンです。
プライベートで彼氏とエッチをする際にはあまりやらないと思いますが、風俗店ではお客様から求められることも多いため、パイズリのノウハウやテクニックを覚える必要があります。

 

パイズリのやり方について
胸が小さい女の子の場合はどうすればいいの?

 

パイズリのやり方について

パイズリの基本としてお客様に立ってもらい、女の子は膝立ちして胸でペニスを挟み込みます。
お客様が背の高い男性の場合は、ポジションに苦労するかもしれませんが、その際はお客様に中腰を強いるのではなく、ご奉仕する側が調整するようにしましょう。
もしどうしても位置がフィットしない場合は、お客様に仰向けに寝てもらい、上から胸の谷間でペニスを挟むといいでしょう。
そして、気持ちよく滑るようにローションをたくさん塗り、ペニスを挟んだ胸を自分の両手で挟んで、前後にしごいたり、たまに左右にゆすったりします。
手ではなく、ふっくらした胸で包まれている感じを十分に感じさせてあげるのがコツです。
位置的にペニスや自分の胸ばかりに視線が集中しがちですが、上に立つお客様に上目づかいで視線を投げかけたり、イヤらしい声をもらしてあげるのも大切なポイントです。
また、パイズリの応用技として、ペニスの竿の部分を胸の谷間で挟みながら、亀頭部分をフェラチオするというやり方もあります。
この場合、胸の感触とフェラチオの快感を同時にお客様に与えることができるので満足してもらえることが多いです。

 

胸が小さい女の子の場合はどうすればいいの?

 

胸が大きな女の子なら、ちゃんと胸の谷間でペニスを挟むことができますが、小振りな胸の方は残念ながらペニスを挟むことが不可能です。
そのような場合、どうするべきかというと、胸や乳首にペニスの先を擦りつけるといいと思います。
その場合、ローションを使用するのも忘れないようにしましょう。
パイズリをする際には、ちゃんと滑りを良くしておかないとお客様が痛がってしまいます。
ローションの代わりに自身の唾液を使ったり、石鹸の泡を使うのもいいでしょう。
りくもパイズリの種類を増やすために、わざと胸の谷間でペニスを挟まずに、りくの唾液でヌルヌルになったおちんちんを乳首に擦りつけるときがあります。
何も胸の谷間で挟むばかりがパイズリではありません。
パイズリって実は結構奥が深かったりしますが、自分自身の工夫でお客様に喜んでもらえるように頑張ってくださいね。