デリヘルの事務所ってどんなところ?

ショップ型風俗店への規制が強化されるにつれて、このところでは、余すところなくとデリヘルが風俗店の主流となってしまいました。

 

りくは今現在デリヘルで働いてるので、デリヘルのオフィスや内面の事情についてよく分かっていますが、まだ風俗業界で働いた事のない乙女にとってデリヘルのオフィスというところは、ある意味「謎のロケーション」と言えるかもしれません。

 

デリヘルの事務所の中に入る機会がある人物と言えば、店舗の関連者(オーナー、男性従業員、在籍嬢など)、面接に来た乙女、広告関連者、あるいは取り締まり担当の警察官ぐらいではないでしょうか。

 

ストア型の風俗店と違って、ユーザーも電話でオーダーすれば後は我が家や宿泊施設で待つだけなので、デリヘルの事務所へ行く事はまずないのです。
りくは実際まで諸々な風俗店で働いてきましたが、正直、店舗ごとによってオフィスは多面的でした。
その一方で何個かのパターンに分ける事ができるので、今後デリヘルのオフィスが如何なるところなのかをご解説していきます。

 

事務所型のデリヘルオフィス

続いてのタイプは、「事務所型」の事務所です。

 

これは文字通り普通の企業のような事務所で、不動産業者を到来たような空気を想像していただければ理解いただけやすいと思います。

 

★いくつかのプロの予算を対比可能なWebページもあります。

 

しかし、ホワイトボードに書かれているのは営業マンの出先ではなく、少女の出勤状況などです。
このタイプのオフィスは、オフィスと少女の待機所を完璧に分け、別のロケーションに待機個室を設けている場合が多々あるです。
そもそも少女をオフィスに待機させず、電話で指示して、自宅などからユーザーのもとへ向かわせるというデリヘルに多々あるような気がします。
しかし、事務所型のオフィスでも乙女が待機している時もあります。
その時は、オフィス内にソファーなどが置かれ、女の子たちはそこに座って待機する形になっている事が多々あるです。

 

ハウス型のデリヘルオフィス

デリヘルの事務所でナンバーワン多いのがこの「住宅型」のオフィスです。

 

PCを置いたデスクが1?3脚あり、さらに少女の共同控室が1室、もしくは2室というタイプのオフィスです。
真冬にはコタツが置かれていたり、あるいは昼寝用の布団が下拵えされていたりするショップも多々あるです。
ムード的には、マンションに住んでいるお友人の居宅に遊びにきた感じに似ています。
仮に少女がいない状況で、何も知らない人を連れてきたら、デリヘルのオフィスとは気づかず、一般的に誰かが暮らししている家屋だと信じてしまう確率さえあります。
実のところ、ハウス型の事務所には、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビなど一般家庭にある家電製品が揃っている事が多く、住もうと思えばそのまま住めるようなステータスであることが多々あるです。

 

こういったオフィスのケース、乙女がお業務で深夜遅くなったケースには、店舗に泊まり込む事例も大いにあります。
りくも実際まで何回もオフィスに泊めてもらった事があります。
ところでオフィスに待機している乙女が、待機中に何をして過ごしてるのかというと、お弁当を食べてる子もいれば、メイクを直してる子もいます。

 

また、直前の接客で使用したばかりのバイブを手入れしてる子もいたりします。

 

りくが最もフィーリングに残っているデリヘルオフィス

最後にりくが現在まで諸々なデリヘルを見てきた中で、特にフィーリング的だったオフィスをご解説します。

 

そのデリヘルは風俗業界で働いたことのある少女なら、誰もが一度くらいは名前を聞いた事のある名高いなお店です。
何とそのショップはマンションのワンフロアが事務所ルームと少女の待機個室になっており、室内装飾が極めて華やかな造りになってました。
オフィスには、まるでカスタマーセンターのように、電話機とPCが何台もセットになって置かれたデスクが並んでいました。
真っ白に輝く壁と、チリひとつ落ちていない床も感触的でした。
しかもは、オンラインカフェにあるような、フリーでカップのドリンクが出てくる自販機も準備られていました。
デリヘルのオフィスの中で、これほど美しいな室内もフリーの自販機も見た事がなかったので、呆気に取らたものです。
しかもひとつ上のフロアはフォトスタジオになっていて、立派なセットと専門カメラマンまで常駐しているから実際に感銘ました。
りくは実際はもうその店舗では働いてませんが、全国スケールで勢力を伸ばしている風俗店の勢いを肌で感じたものです。

 

そもそもオフィス自体がない

実は、オフィスそのものを持たないデリヘルも影響しています。

 

かなり特殊な場合ですが、デリヘルの経営者の我が家などをオフィスに設定し、乙女は我が家待機として届け出を行っているお店があります。

 

こうしたオフィスを持たないデリヘルがどんな感じで営業しているのかというと、経営者は送迎車の中でお客様からの電話を受け、我が家で待機している少女を途中で拾って、顧客の待つ我が家や宿泊施設へと送り届けるという場合が多々あるです。

 

以前は、固定電話の番号を持たないデリヘルは信用できないというのが常識だったので、理不尽をしてでもオフィスを借りて、電話を引いて開業する事例が多々ありましたが、最近では、広告に携帯電話の番号のみを載せるケースも増えてきています。

 

これは、かつてはスポーツ新聞の文章や広告に携帯番号のみを掲載する事が、新聞社の自主規制のためできなかったみたいですが、昨今ではそれが緩和され、携帯番号のみの記載も解禁された事も影響しているからでしょう。

 

けれども、私たち風俗嬢からしたらこういった店舗で働くのはやはり不安ですけどね。