デリヘルのジャンルはどのくらいある?

一言で「デリヘル」と言っても、実はデリヘルの中にも色々なカテゴリーが影響しています。
素人系や人妻系のデリヘルは名高いなので聞いた事があるかもしれませんが、それ以外にもギャルの乙女だけを集めたデリヘルや待ち合わせ型のデリヘルなどもあります。
デリヘルで稼ぐためには、自身に合ったカテゴリーのお店で働く事が肝心です。
今回は、りくが特に注目している4つのデリヘルの分類についてご解説していきます

 

待ち合わせ型デリヘルのもち味

通常のデリヘルは、私たち少女がお客様の待つ宿泊施設や我が家に出向いて性的サービスを行いますが、待ち合わせ型デリヘルの事例、顧客と外で待ち合わせをし、一緒に宿泊施設に行ってプレイするのが特色です。

 

一般的のデリヘルに飽きてきた男性や自らの指名した少女とちょっとしたデート気分を味わいたい男性が待ち合わせ型デリヘルをよく利用しています。
待ち合わせ箇所は、最寄りの駅前や当たり前のデートをするような位置で待ち合わせするのが一般的です。

 

ところで待ち合わせ型デリヘルは、お客様と会った事例から時間開始になります。
宿泊施設に行ってからのプレイ自体はいつものデリヘルと全く同じですが、待ち合わせ型デリヘルを利用するクライアントの中には、「ノーパン・ノーブラ」のオプションをつける方が多々あるです。

人妻・熟女系デリヘルのポイント

 

人妻・熟女系デリヘルは、既婚者の女が働いてる風俗店です。
このところでは人妻・熟女人気という事もあってブームが集まってるカテゴリーです。
人妻・熟女系デリヘルには、経験豊富でフレッシュな少女にはないテクニックやエロさを供え持ったた女と遊びたい男性がやって来るのが特色です。
また、旦那さんのいる女子とエッチな事をしてるという罪悪感みたいな雰囲気や擬似的な不倫のシチュエーションを味わいたい男性にも人気があります。

 

人妻・熟女系デリヘルなら少々太っていても働けますし、分娩経験があり、妊娠線や帝王切開の痕がある女子でも働けるのは良い面だと言えます。

 

まとめ

 

今度は4つのデリヘルのカテゴリーのポイントについてご解説しました。
厳密に言えば、デリヘルのカテゴリーは他にも色々ありますが、名高いなのはだいたいこれらの4つの分類です。
トップ初めにも書きましたが、風俗で稼ぎたければ自身に合った分類のお店で働くことが必須です。
本当は、自分が働いてるお店と自身の体系が合っているかどうかは、直接風俗で稼げる値段にも直結する事になります。
まだ風俗で働いた事のない方なら素人系デリヘル、ギャルの方ならギャル系デリヘル、30歳以上の方なら人妻系デリヘルといったように貴方の体系に合った店舗を見つけるようにしてください。

 

素人系デリヘルのトレードマーク

素人系デリヘルとはその名の通り、素人の少女ばかりを集めたデリヘルの事です。
つまり風俗バイトの経験が全くないデリヘル嬢が働いてる店舗の事です。
中には、素人のフリをした少女も働いてますが、素人っぽい初々しい反応を満喫たい男性に大注目のあるデリヘルです。
クライアントはベテラン風俗嬢みたいなプレイやテクニックを求めていないので、風俗バイトの経験がない少女に推奨の店舗です。
接客はいつも彼氏と接するように、恋人っぽいムードをアレンジできるようにしましょう。
万が一素人系デリヘルで稼ごうと思えば、ありのままメイクに黒髪にした方が圧倒的に顧客のウケもいいです。

 

ギャル系デリヘルのトレードマーク

 

ギャル系デリヘルとは、ギャルのような派手な衣装やメイク、髪型などをしてる少女ばかりを集めたデリヘルの事です。
しかも、ギャル系デリヘルの中にも、日焼けサロンで肌を焼いている「黒ギャル」だけを集めたデリヘルと肌を全く焼いていない「白ギャル」だけを集めたデリヘルとがあります。
ギャル系デリヘルは他のデリヘルのお店と比べるとお店数が少ないですが、元気で明るい少女と遊びたい男性に流行があります。
特に現在では、街中を歩いていても黒ギャル自体を見かける事がなくなったため、肌が真っ黒のギャルと遊びたい男性はギャル系デリヘルに行くしかないのです。
その上、ギャル系デリヘルの中にはネイル、マツエク、日サロ代を支給してくれる店舗もあるので、もし見過ごせない方は風俗求人Webページで探してみてください。