格安店ってそもそもどのような店舗?

格安店とは、その名の通り料金が安めのソープランドになります。
お客様が支払う料金が安めのため、乙女の月給額ももちろんながら低くなります。
他にも、格安店は45分コースからと接客時がハイグレード店に比べると短めの事が多く、顧客の回転率優先の少女におすすめです。
採用規格があまり高くないため、外見に自信のない少女でも働きやすいのがポイントです。

 

女の子のバック率は?

お給与のバック率は、顧客が支払った料金の40?50%というショップが多いです。
それに添加して、顧客が乙女を指名した時は指名バックもつきます。
指名料は1000?2000円のケースが多々あるです。

 

格安店で働くソープ嬢の収入例

格安店で働く時、1日5万円前後が多々あるです。
好評のソープ嬢は1日10万円ほど稼ぐこともあります。

 

中級店で稼げる給与額

続いて、ソープランドの中級店で稼げる給料額はどれくらいか、具体的にご解説していきます。

 

中級店ってそもそもどんなお店?

中級店とは、いわゆるスタンダードな価格帯のショップになります。
ソープランドはこの代金帯のショップがトップ多く、働いている少女の数も多くなります。
ある程度のルックスは不可欠ですが、ベッドでの高度なテクニックなどは求められない事が多々あるため、ソープ嬢を開始するケースは真っ先に中級店からがイチ押しです。

 

少女のバック率は?

給与のバック率は格安店とほぼ変わらず、クライアントが支払った料金の50%というショップが多々あるです。
それに添加して、顧客が乙女を指名したケースは指名料1000?4000円ほどがつきます。
他にも、高評価の女の子の事例はバック率が60%になったり、指名ボーナスなどもつく事があります。

 

中級店で働くソープ嬢の収入例

中級店で働く場合、1日10万円前後が多々あるです。
評判のソープ嬢は15万円ほど稼ぐこともあります。

 

リッチ店で稼げる給料額

最後に、ソープランドのハイグレード店で稼げる月給額はどれくらいか、具体的にご解説していきます。

 

リッチ店ってそもそも如何なる店舗?

リッチ店とは、顧客の支払う料金、女の子のレベル、共に最ハイグレードレベルのショップになります。
ユーザーが支払う料金も高く、接客時も最低2時からと長いのがもち味。
それだけ働く少女に求められるレベルも高いため、容姿や高度なベッドテクニックが要求されます。

 

ソープ嬢の平均給与はどれだけ?

ソープランドで月にどれくらい稼げるのかというと、出勤のペースと接客人数でかなり変わってきます。
ソープ嬢のお給料は、平均すると1日10万円前後が多々あるです。
ですので、1日6?8時間、月15日ほど働くと月100万円前後は稼ぐ事ができます。
ちなみにこれは東京都内の場合で、地方に行くにつれて平均額は下がり、東北や四国の場合は2?3万円ほど平均額が低くなります。

 

店舗のランクによって稼げるプライスが変わってくる

ソープランドは格安店からハイグレード店まで広範な価格帯のショップがあります。
顧客の支払う料金が高くなるほど少女のお給与も上がるため、ハイグレード店に勤めると平均額以上に稼ぐ事ができます。
それにより、ソープランドで稼ぎたければ、どのランクの店舗で働くかは相当必須になってきます。

 

格安店で稼げる月給額

ソープランドの格安店(大衆店)で稼げる月給額はどれくらいか、具体的にご解説していきます。

 

少女のバック率は?

バック率は50?70%になります。
指名の場合は指名料がプラスされることになり、高級店になると、指名料で10000円必要になる店舗も珍しくありません。

 

ハイグレード店で働くソープ嬢の収入例

リッチ店のケース、クライアントの支払う料金が高額になるため、1日15?20万円ほどになります。
人気のソープ嬢になると、それ以上稼いでいる人もいます。

 

給与から雑費やお茶代が引かれる訳

クライアントが支払った料金の50?60%ほどがお給与になるというのは先ほどご解説しました。
ですが、これがまるまる総てもらえるわけではなく、ソープ嬢の時はここから雑費やお茶代が引かれたものがお月給として支払われます。
50%も引かれた上に雑費やお茶代も引かれるの?と思われるかもしれませんが、これにはきちんとした訳があります。
ソープランドは建前上、本番行為を認めていないためです。
あくまでも本番行為は「自由恋愛」で本人たちの意思に任せているというステータスですね。
それ故、コンドームやローションなどのコストを負担すると建前が崩れてしまうため、雑費として女の子が負担する形になっています。
ところで雑費とは不思議な名目ですが、ショップから個室を借りて営業している以上、個室代とかローションやコンドームなどのコストを支払うのはやむを得ない事だと考えます。
デリヘルで働いていても雑費を徴収される事は多々あるですが、ソープランドは何かと雑費が必要になるので、ユーザーがつくまでは赤字になる乙女もいます。

 

雑費などは具体的にいくらぐらい引かれる?

それでは、具体的に雑費がどんだけ引かれるのかご解説します。

 

雑費

雑費は店舗にもよりますが、ユーザー1人につき500?3000円、または10%ほど引かれる事が多いです。

 

他にも、1日でついた顧客の数によって雑費の値段が変わったり、一律で1日〇円と決めているお店もあります。
この雑費にはコンドーム代、水道代などが内蔵されています。

 

タオル代

タオル代はクライアント一人につき300?500円だったり、1日3000円だったりとショップによって異なります。

 

高級店なら月収100万円以上稼ぐ事ができる!

高級店の事例、求められるレベルは高くなりますが、月収100万円以上稼ぐ事も十分できるです。
リッチソープランドのブームソープ嬢であれば、一人で一か月500万円を上回るお金を動かします。
このうちざっと6割程度が乙女の収入になります。
その際、ショップ側はソープ嬢の取り分であるサービス料にタッチしないため、入浴料のみがショップの売上として計上されることになります。
万が一稼ぎたいとやる気がある少女はどうぞハイグレード店の面接を受けてみる事をおすすめします。

 

税金

税金とは国などに治めるものではなく、ショップへの感謝料などの意味合いで支払うものになります。

 

給与の10%ほどのところが多く、ソープランドに昔から続く習性のようなもので、このところは決済がないショップもあります。

 

男性スタッフのためのボーナス代

ソープランドで働くと、担当の男性スタッフがつく事になります。
この男性スタッフは、担当する乙女の日程管理や時には愚痴を聞いてくれたり、忠告してくれたりと面倒をみてくれる影響です。
ハイグレード店の時、この男性スタッフのボーナスとして雑費が引かれる事があります。
月1万円ほど積み立てるショップが多く、半年おきや1年おきなどにまとめて男性スタッフに支払われます。

 

衣装代

ソープランドで働く事例、乙女はドレスを着てクライアントを迎えに行ったり接客を行います。
このレンタル出費や洗濯代として衣装代がかかってきます。
1日500?1000円ほどのところが多々あるです。

 

お茶代

ソープランドの事例、ユーザーを個室に迎えると真っ先に飲み物を出します。
これがお茶代にあたり、顧客一人あたりに引かれる雑費に内蔵されているところが多々あるです。
雑費とは別に必要になる時は、1日500?1000円ほどになります。
今回はソープ嬢のお給料について整理ました。
こうして見ると、お店によってお給料にかなりばらつきがある事がわかります。
また、ソープランドで働くケースは、雑費がかかってくるというのも覚えておかなければなりません。
ソープランドはハードルが高く感じるかもしれませんが、絶対稼げる業種でもあります。
迷っている方はどうぞ採り上げるのの文章をポイントにしてみてください。
ソープランドで働こうと腹積もりたケース、まずはじめに気になるのは「どれくらい稼げるか」ということですよね。
ソープランドは格安店からリッチ店まで費用帯が広範なため、どのランクのお店で働くかによって月給額が大きく変わってきます。
店舗ごとにソープ嬢の取り分も引かれる雑費の代金も異なります。
そこで今度は、ショップのプライス帯別にソープ嬢の給与について細かいところまで解説していきます。