まずソープランドのリッチ店は店舗の運営支出が大いに高くつきます。
一例を挙げれば、乙女がユーザーと対面するときにブランド物のスーツを着用させてるお店もあります。
それに加えて、立ち振る舞い、礼儀作法から歩き方まで、かなり広範囲にわたって女の子を教育してるショップがおおかたです。
しかも、店舗専属のヘアメイクアーティストが常勤し、少女がいつも最高の状況で接客できるようにバックアップしてます。
他にも、高級店の事例、そもそも容姿レベルの高さが要求されるので、実際に採用可能な乙女の人数が少なくなってしまい、人件費が必然的に高くなってしまいます。
とどのつまりリッチ店のソープ嬢ともなれば、容姿はハイグレード店に相応しいレベルである事が要求されます。
しかも、お金持ちの男性とスムーズに会話をするためには、適度の知性も身につけておかなければいけません。
もちろんそういう客層の相手が務まる器量の持ち主でなければいけません。
それにより、女の子たちも美貌をキープするための努力やユーザーとの会話のために勉学する時が必須になり、エステ代や書籍代など、何かと費用が必要になる事になります。
加えて、ソープランドでは顧客に供給するために個室に備えつけられている飲み物やタバコなどは、普通に全部少女の個人負担で置かれてます。
リッチ店に来るお客様の嗜好にマッチして、これらのものを集めるとなると、もちろん値段も張る事になります。
このようにソープランドのハイグレード店は、顧客が支払う料金のみならず、少女や店舗の負担も相応に大きいので必然的に料金が高くなってしまいます。
ところで高級店の中には、月ごとにショップが決めた数の指名客が来ないケース、乙女をクビにする事例もあります。
かつてリッチ店にいた少女が大衆店や格安店、あるいはトレンドヘルスなどに移る事がよくあるのはそのためです。

 

ソープランドの高級店の現況について

実を言えば目下、不況の影響で料金を値下げするショップも出てきました。
10万円近い料金でお客様を集め続けるのは、結局難しい事なのかもしれません。
中には、バブル崩壊と共に大衆店や格安店に衣替えをしたソープランドもあるぐらいです。
りくが知ってる限り、10万円クラスのソープランドの数は国内で10ショップに満たないのではないかと思います。
その中でも有名なのが、吉原と雄琴にあるソープランドです。
以前は、西川口にあったソープランドを加えて「日本三大ソープランド」と呼ばれてましたが、そのお店は摘発により現時点ででは姿を消してしまいました。
なお、かつてのハイグレード店の多くは会員決まりをとっており、一見でぶらりと来ても遊ぶ事ができない店舗ばかりでした。
加入の条件も、一例を挙げれば30歳以上とか、身分証明書を提示とか、ネクタイを締めてジャケットを着用し、店員の面接を受けなければいけないというショップまでありました。
他にも、他の会員からの紹介がなければ、エントリーできないというショップもありました。
けれども、長引く不景気の影響で、直近ででは一見のユーザーでも入店できる高級店が多数派となっています。

 

そもそもソープランドのリッチ店ってどんなところ?

ソープランドのリッチ店には容姿レベルの高い少女が揃っており、質の高いサービスが求められるので、働く事例にはそこそこの覚悟が必須です。
リッチ店の定義は、俗に料金の総額が6万円を超えるショップの事をいい、10万円以上かかるショップは超リッチ店と呼ばれています。
ソープランドの高級店は店舗の装飾にも凝ってるお店が多く、10万円クラスのソープランドの豪華さにはりくも実際に驚いたものです。
ひと目でのショップが庶民にとってどれほど敷居が高いのかもうに理解可能なほどでした。
店内の装備も同じくで、多くの風俗店では待合室に置かれてる書籍の多くはマンガや一般的な男性週刊誌、店舗と契約してる風俗情報誌などが置かれてるのがありきたりですが、ソープランドの高級店では、同店を訪れるような男性の客層に合わせて、ハイグレードトレンド雑誌やゴルフ雑誌などが書棚に並べられています。
しかもプレイが終わった後に通される部屋でも、一般の風俗店には真っ先に置かれていないリッチ酒がフリーで供給されてるようです。
ハイグレード店では従業員の対応も大いにちゃんととしてるのが特色です。

 

ソープランドのリッチ店の料金が高い要因

ソープランドのリッチ店の料金が高い理由ですが、実を言えば以下のような訳があります。
ショップの運営費用がとても高くつくためショップ専属の講習員やヘアメイクアーティストなどを雇う必須があるため他の店舗より人件費が高くつくためお店内の施設や室内装飾維持に多額の費用が使われているため。